バックパッカーAとBの記録

弱小バックパッカーたちの旅行記

モロッコの宿泊事情と、マラケシュの日本人宿「Riad House13」



2012/02/11 - A - Marrakech, Morocco

【2012年2月12日為替レート】1 MAD = 9.20185 JPY

f:id:puredata0:20160720025000p:plain

奇跡的に小便を漏らさずにマラケシュ駅へと到着した私は、日本で予約していた宿にタクシーで向かう。自分の旅について書く前に、モロッコの宿「Riad」や「Dar」についてと、宿泊した宿「Riad House13」について書いておこうと思う。


モロッコの宿泊事情

古い邸宅に泊まれる「リアド(Riad)」や「ダル(Dar)」

Booking.comでモロッコの宿泊先を探すと、だいたい「Riad ●●●」とか「Dar ●●●」っていう名前の場所が出てくる。たまに、「Riad Dar ●●●」っていう合わせ技もあったり。

Riadは「中庭付きの屋敷」、Darは「家」という意味で、モロッコの古い邸宅を改築したりして泊まれるようにしたもの。言ってみればゲストハウスだが、グレードによって値段や設備が全く異なるので、事前に調べる必要がある。一般的にはDarよりRiadのほうがグレードが高いらしいが、自分は値段・質ともにどっちも変わらないように思えた。

1軒のRiadには5つくらい部屋があり、そのうちのひとつにベッドを幾つか並べてドミトリーにしている所も多い。もともと屋敷だったため、シャワー・トイレが共同のところもある。だいたい1,000円ちょっと出せば、まともなところに泊まれると思う。

 

f:id:puredata0:20160725224244j:plain

フェズにある「Riad Dar Skalli」の中庭。フランス人のダンディなオーナーと美人な奥さんが経営している。

リアド最高!ホテルよりずっとオススメ!

モロッコには他にも「Hostel」や「Hotel」があるけど、泊まるんなら絶対Riadがオススメ!なんてったって、イカしてるからな!中庭は開放的で気分がいいし、なにより昔のトラディショナルな屋敷に泊まれるのはサイコー。

でも、旧市街の路地にあることがほとんどなので、帰るとき迷ったりする。必死こいて大きな広場から宿までの道順を憶えるのも楽しい。

「宿泊事情」なんてタイトルにつけておきながら、Riadの話しかしていない。でもいいじゃない。カサブランカではビジネスホテルに泊まったし、シェフシャウエンでも一応ホテル扱いの宿に泊まったので、今度書いたらリンク貼っておきます。

 

f:id:puredata0:20160725224259j:plain

▲たいてい天井が高い or 吹き抜けになっていて気持ちがいい。それを伝えたい気持ちが先行してブレブレの写真をアップした。勇気ある判断と、読者に情報を提供したい気持ちを褒めて欲しい。 

マラケシュの日本人宿「Riad House13」

旧市街にあるゲストハウス

マラケシュでは、旧市街にある「Riad House13(リアド・ハウスじゅうさん)」に泊まった。日本人女性が経営しているゲストハウスで、ドミトリーに泊まれば値段もそんなに高くない。(現在の相場、実際の価格や設備などはBooking.comなどでチェックしてください:Riad House13, Douar Sidi Youssef Ben Ali, Morocco - Booking.com

初めていく国の初めて行く街では、日本人宿があればそこを予約して、現地に住む人にいろいろ聞いて情報を集めるのは一つの手だと思う。本やネットでちまちま調べるより膨大な量の生情報が手に入る。英語である程度の情報を引き出せるようになった今は泊まらなくなったけど…

ちなみにRiad House13の"13"は、「サーティーン」ではなく「じゅうさん」と読む。らしい。

f:id:puredata0:20160720024846p:plain

▲宿泊すると手書きの旧市街マップをもらえる。旧市街は迷路すぎてGoogle mapがあてにならないので、これがメチャメチャ便利。

大満足&特盛りなサハラ砂漠3泊4日ツアーも組める

別の記事でも書いたけど、ここで予約できる砂漠ツアーが良い。

aandb.mediumbuddha.com

 

他のツアーに参加したことあるわけじゃないし、マラケシュを歩いていればそこら中に砂漠ツアーをセッティングしてくれる業者はいるけど、ここのツアーはかなり私としては満足度が高かった。

気になる人は、ぜひ下記リンクから2015年の年越しサハラ砂漠ツアーの詳細を読んでみて欲しい。行きたい。年越しサハラ砂漠いきたい。また砂漠行きたい。

2015.09.19 / 第6回 2015-2016 年越し砂漠の民の砂漠ツアー参加者募集! 【モロッコ・マラケシュの宿Riad House13・ブログ】

ごきげんなペットたちもいる

そんなHouse13だが、ネコ・犬・鳥と盛りだくさんなペットたちが出迎えてくれるゲストハウスでもある。みんな人懐っこい。旧市街の商売人たちと熾烈な価格交渉をして疲れた心を癒やしてくれる。

f:id:puredata0:20160713172244j:plain

▲セクシーなネコがいる。2階で飼っている鳥にスゴい勢いでちょっかいかけるタイプの子。

 

後先考えずに遊びまくって、登ったところから降りられなくなるアホさも兼ね備えている。 

f:id:puredata0:20160720151023p:plain

▲わがままダイナマイトなネコを降ろしてあげようとしているフードの男性がアリさん。メルズーガ出身のベルベル人。いい人。

 

屋上には犬。人懐っこくてナイスな犬だ。初対面でも「遊んでくれェーーーーーッ!あそッ、ッソァ、アアッ!遊んでェーーーーッ!」と飛びついてくる。

f:id:puredata0:20160713172255j:plain

▲ハッピーな犬。屋上にいる。爪が長い。爪が長いくらいが、犬にはちょうどいい。

リンク・地図情報

公式サイト:モロッコ・マラケシュの宿・Riad House13・welcome

Booking.com:Riad House13, Douar Sidi Youssef Ben Ali, Morocco - Booking.com

Googleマップ:Riad House13 - Google マップ

次の記事

aandb.mediumbuddha.com