読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーAとBの記録

弱小バックパッカーたちの旅行記

蜃気の楼閣、絶対に渡れない中心市街地。【アラブ首長国連邦・ドバイ(その4)】



2013/02/08 - B - Dubai, UAE

2013年2月8日の為替レート:1 AED = 25.49 JPY

f:id:puredata0:20160725205252j:plain

数少ない歩行者用信号が変わるのを待って表通りを渡る。すでにジュメイラ・モスクから歩き始めて30分が経過している。

蜃気の楼閣

ジュメイラ・モスクからブルジュ・ハリファは目の前に見えていた。いいとこ1時間も歩けばもうその足元にいるはずだ。 しかし30分歩いた今、かえって遠のいたようにも見える。

ブルジュ・ハリファは思っている以上に巨大だ。巨大すぎて距離感がつかめない。そこまで行けば到着するだろう、と思わしき位置までいくと、その分ブルジュ・ハリファも遠くに逃げる。

一時間ほど歩いてやっと中心市街地と思わしきところに到着したのだが、それでもまたブルジュ・ハリファは遠く見えた。

f:id:puredata0:20160725205323j:plain

▲中心市街地と思わしきところ。右のほうにブルジュ・ハリファが見える。

絶対に渡れない中心市街地

中心市街地に到着したところで、ブルジュ・ハリファへの進路を阻むものがでてきた。前を横切る14車線の道路である。ドバイの中心市街地はこの道に沿うように発展している。

見渡す限り信号がなく、渡れそうもないのでまずは大通りにそって右に進む。500mほど進むと、大通りが交差する巨大なジャンクションに道をふさがれてしまった。歩行者はこのジャンクション周辺で歩いて道を渡ることが不可能な造りになっている。不幸にもブルジュ・ハリファはこのジャンクションの向こう側だ。それも、直行しあう大通りを両方渡らないといけない位置にある。

この街に歩行者の権利を主張する人はいないのだろうか。こんな風に街の中心部にジャンクションがあるのだ、歩行者の割の食いっぷりったらない。ドバイの都市計画に憤りつつ、来た道を引き返し横断できるところを探す。

次の記事 

aandb.mediumbuddha.com