読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーAとBの記録

弱小バックパッカーたちの旅行記

マラケシュ旧市街の迷路に吸い込まれてブラックホークダウン



2012/02/11 - A - Marrakech, Morocco

【2012年2月12日為替レート】1 MAD = 9.20185 JPY

Untitled

モロッコ初日は、下半身の危機を乗り越えマラケシュの駅に到着してからRiad House13に到着して終了する。長い一日だった。

 


マラケシュへようこそ

旧市街へゴー

Station de chemin de fer de Marrakech

予定より大幅に遅れてマラケシュ駅着。もうPM9:00を過ぎ、あたりはとっぷり日が暮れている。マラケシュ駅はメチャメチャ近代的で、トイレもキレイ。私の爆発寸前の膀胱もご満悦の様子であった。

タクシーでRiad House13に一番近い旧市街の門まで向かう。運転手もアラブ語とフランス語しか通じないし、門の名前もうまく発音できる気がしなかったので、スケッチブックに目的地を書いて見せた。無言で走行・到着し、相場通りの料金を払って下車。

ここからが厳しかった。正直、まったく道がわからん。手元に地図はあるし人通りも多いのだが、街灯でオレンジ色に染められた町並み、道の隅で集まるモロッコ人たちに、ちょっとビビってしまっていた。

 

moto.JPG

夜の路地で、私のブラックホークがダウン

こりゃどうするべ、と途方に暮れていると、暗い路地からドタバタ誰かが走ってくる。「ヘイヘイ外国人!どこ泊まんだよ!チープホテル、オレ知ってるぜ!案内が必要か!サッカーチームはどこが好きだ!」

地元の子どもたちだった。10人くらいに囲まれてアラブ語でまくしたてられた。こりゃまるで、ブラックホークダウンだ…。私はピラニアの水槽に放り込まれた豚バラ肉だ…。

なんとか彼らを振りほどき、やっとこさ宿へ辿り着く。

Riad House13にイン

「なにかトラブルあったのかと思いましたよ〜。ようこそ!」

遅いチェックインにもかかわらず、可愛らしいRiad House13のスタッフさんが、にこやかに対応してくれた。そうですお姉さん、私、ちょっとばかし尿を漏らしそうになりましてね。

宿についての説明をうけ、先に泊まっていた人と少し話してから床につく。思えば遠くへ来たもんだ。自室を出て、1時間ちょっとかけて成田空港へ。そこからドバイ経由でカサブランカに着陸し、数時間列車に乗り私はいまマラケシュにいる。不思議な気持ち。

関連記事

aandb.mediumbuddha.com 

自分のばしょを集めているのだ

このところ、ふとしたときに思う。「自宅からRiad House13までの行き方を理解している」というのは、私の人生にとって最終兵器というか、とても大きな逃げ道というか、背中に太いものを与えてくれた。なぜだかとても心強い。

MOTHER2というゲームは世界各地の「自分のばしょ」を集めて主人公がちょっぴり大人になっていくストーリーだったが、私自身もそうやって自分の場所を集めるために国内外で旅をしている気がする

ようやく、長い一日が終わった。

次の記事

aandb.mediumbuddha.com

次回は、翌日マラケシュで遊んだはなし。1日目はビビり倒しているけど、2日目以降はこの街が大好きになっていきます。