バックパッカーAとBの記録

弱小バックパッカーたちの旅行記

鉄道でカサブランカからマラケシュへ行く君よ、バスにしなはれ



2012/02/11 - A - Casablanca ~ Marrakech, Morocco

【2012年2月12日為替レート】1 MAD = 9.20185 JPY

f:id:puredata0:20160717174920p:plain

飛行機でカサブランカのムハンマド5世空港に着いたあと、すぐにマラケシュに移動した。

私は主観で君に言う。外国人のモロッコにおける長距離移動は、バスが一番いい。バスに乗れ。国営の「スープラトゥール」より、CTM社のバスが快適だ。二等席の列車でカサブランカからマラケシュに向かった私は、小便を漏らしそうになった。

 

チャータータクシーで楽しくマラケシュに行った人の記事はこちら↓ 

aandb.mediumbuddha.com

 


AEROPORT Med Ⅴ → CASA VOYAGEURS → MARRAKECH

(なんとなく)二等席でGO

ムハンマド5世空港からマラケシュへの移動手段は、地球の歩き方2011を参考にして列車にした。どうやら、乗り換え一回でマラケシュまで行けるらしい。こりゃあいいと、入国審査後すぐに駅へ向かう。

なんとなく、一等席よりすこしだけ安い二等席にしてみた。自由席・コンパートメント・席が空いていなければ通路に立つ。ムハンマド5世空港からCASA VOYAGEURSまでは40Dh(370円くらい)、CASA VOYAGEURSからマラケシュは90Dh(830円くらい)。 

バスよりも安く移動できるし、異国の列車に憧れもあったので、グッドですな…と思っていた。

f:id:puredata0:20160717174843j:plain

▲駅の券売スタッフは基本的に無言。逆に「あっ無愛想!海外っぽい!」と興奮した。  

モロッカン・ラッシュアワー

空港の駅からCASA VOYAGEURSは楽に座れた。ボックス席で、向かい合ったフランス人親子と談笑しつつ、サクッと到着。

f:id:puredata0:20160717174839p:plain

▲CASA VOYAGEURSのホームにいたスタッフはメチャメチャ気さくだった。

問題はここからだった。電車が来ない。ぜんぜん来ない。「まあモロッコだし」と、のんびり待っていたところ、ホームに入ってきたのはけっこう混んでる列車。乗り込んでみると、コンパートメント席はあいてない。次の駅でも次の次の駅でも、たくさんのモロッコ人が乗ってきて、車内はすし詰め状態。*1

モロッコまできて日本人が満員電車に乗ってるという事実。「コレはコレで面白いかもな」と思った。

f:id:puredata0:20160713172149j:plain

▲列車の電光掲示板は見やすいし、駅は比較的キレイだし、電車は青い。混んでさえなければ、言うほど悪くない。

死ぬかと思った in ONCF

しかし、駅じゃないところで何度も停車するし、その度に「オレんちの近くじゃんラッキー」って感じでモロッコ人が勝手に降りて行って、結果発車できなくなるしで、とにかく疲れた!

3時間ほどして、あたりがすっかり暗くなる頃。だんだん車内も空いてきたので、コンパートメント席に移動。6人がけの席は、ダサいポップスをミニスピーカーで鳴らし続ける若い男や、大声で電話するおばちゃん(顔が怖い)など、初めてモロッコに来た旅人レベル1の私には厳しい組み合わせ。時差ボケと長距離移動でとんでもなく眠いタイミングではあったが「ぐっすり寝て、荷物盗まれたら嫌だな」という不安からすごく緊張していた。

 

とはいえ睡魔には勝てず、着席してから30分後にはウトウトし始める。ハッと目を覚ますと同時に、小便がジョロリと漏れる感覚。終わった。

アッサラーム・アライクム、モロッカンたち。私は10,000kmも東のサムライの国から来て、あなたたちの目の前で失禁しました!おめでとう!ありがとう!握手してくれよ!

 

「こういう時こそ明るく振る舞わなくてはいけない」と、ピースでハッピーなあいさつ文を考えた私は、バックパックで前を隠しながら、ゆっくり股間に手を伸ばす。汗で湿ってはいるものの、漏れた形跡はない。夢だ!夢だったんだ!たとえ夢でなくとも、このくらいの漏れはノーカンだ!人知れぬ喜びに満ち満ちた私を乗せた列車は、大きなカーブを描いてマラケシュ駅へと到着した。

f:id:puredata0:20160713172218j:plain

▲無事にマラケシュに着いた安堵と興奮から、駅の看板を撮るというセンスの無さを発揮。

英語がんばるぞ!→だいたいフランス語

勘のいい皆様のこと、最初の切符の画像を見てもうお気づきでしょう。第2次世界大戦でフランス植民地だったモロッコの第一外国語は、英語ではなくフランス語なのです。「英語をがんばるぞ!」などという腑抜けた決意が砕かれ、いよいよ異国に叩き込まれる私。不安メーターはレッドゾーンへ。

この後、マラケシュの商人たちに揉まれて飛躍的に旅人レベルを上げることになるのだが、まだそれは数日先の話である。 

f:id:puredata0:20160713172231j:plain

▲マラケシュ駅はめちゃくちゃキレイ。駅のある新市街はとても都会的で、タクシーもバスもわかりやすい。

さて、マラケシュまでは空港から30分ほど乗ったカサ・ヴォワヤジャー駅で一回乗り換えて約4時間で到着します。列車の料金は1等指定席で200DH(約2000円)です

【モロッコ旅行記】カサブランカ・ムハンマド5世空港から移動|旅が好き てくてくな毎日

確かに、1等指定席なら列車も快適だったかも…ちょっと高いけど…

次の記事 

aandb.mediumbuddha.com

 

*1:後で聞いたところ、この日は土曜日+どこかでお祭りがあったから混んでいたんじゃないかとのこと。