バックパッカーAとBの記録

弱小バックパッカーたちの旅行記

【モロッコめし】マラケシュ・フナ広場のおすすめ屋台【モロッコ 2016 - 3】



2016/09/15 - B - Marrakech, Morocco

2016年9月15日の為替レート:1 MAD = 10.53 JPY

f:id:puredata0:20161130011256j:plain

チャータータクシーでマラケシュの日本人宿・Riad house 13に到着したのが大体17時ごろ。宿のみんなと挨拶をし、夜飯を一緒に食べることを約束して一度解散する。飯までの間、マラケシュ散策に出かけよう。

 

ジャマ・エル・フナ広場で飯を食う

マラケシュのスーク散策について書きたかったが、それは次回にするとしてまずはそのスーク散策の拠点となる場所、ジャマ・エル・フナ広場について説明したい。旧市街の中心地はこの広場だ。日中はもちろん、深夜にいたるまでモロッコ人でごったがえしている。

 

f:id:puredata0:20161130011420j:plain

▲夜中のジャマ・エル・フナ広場。Cafe de franceの最上階から撮影。

 

その喧騒のエネルギーは中々すごいもので、同じ数の都民をフナ広場に集めてもこうはならないだろう。都内の喧騒とはまったく違う。

日中はアクセサリーを売る男とか、へナタトゥーを施そうとする女とか、「ビタミンCスゴォイ!(日本語)」と語らい何かを売りつけようとしてくる男とか、大道芸人とかがたくさんいる。他の国でもそうだけど、撮影するとチップを要求されるぞ。

屋台と言うと昼前ぐらいからちらほら香辛料の屋台とかオレンジジュースの店が出始め、日が暮れだしたころからご飯を食わせる屋台が出てくる。Aも言っているがオレンジジュースは本当におすすめだぞ。

 

▼参考記事

 

フナ広場のおすすめ屋台

マラケシュでご飯を食べたいならレストランでなく屋台で食べよう。価格も安いし、レストランより現地っぽさがある。モロッコ人に囲まれて食べる飯はうまいぞ。観光客が少なそうで、マラケシアンに人気そうな屋台を選ぼう。客引きがしつこいところはそれだけ頑張らないとお客さんが入らない屋台だってことだ。客引きはほんとにしつこいけど明確に拒否して歩き続けよう。止まるとやられる。メニュー票なんてものはもちろんないから、店主と客を隔てるカウンター上に積まれた飯を指差して注文する

 

これはたしか14番の屋台。

f:id:puredata0:20161130011226j:plain

 

左上のパンとトマトベースのソースは注文せずとも出てくる(だれか頼んだのかな?)。このトマトソースをパンにつけて食べるのがモロッコ流。現地のモロッカンのように食べたい人は、パンの内側はちぎり捨てて外側だけ食べよう。ちぎり捨てたパンの内側はテーブルに打ち捨てておくのがツウだぞ。パンが生焼けなのを警戒しているとかの理由らしい。

トマトソースの手前に見えるのが焼き茄子だ。これもつぶしてパンにつけて食べる。それとイカ、えび、白身魚のフライ。どれもウマイ。ただ白身魚のフライは日本とは違って小骨を抜いていないどころか、ぶっとい背骨がそのままついた状態でぶつ切りになってあげられているので結構食べづらい。そしてちょっとしょっぱすぎる。けどウマイ。結構ウマイぞ。お代は四人で120MADぐらいだったか。

 

調子に乗って「もっと安くして!!」って言ってたら、なぜかモロッコ人の客が「100MADでいいよ」とか言ってきて、屋台のおじさんすごい困った顔してた。結局120MAD払ったけど。

 

 

翌日は肉を焼いている屋台に行った。牛と羊のいろんな部位がごっちゃになった皿(グロイ)を手づかみで食べる。

 

f:id:puredata0:20161130011338j:plain

▲数日前にあったという犠牲祭でつぶされたと思われる羊の頭が並ぶ


つづいてエスカルゴの屋台にいった。正直日本でもエスカルゴなんか食べたことないし、屋台でエスカルゴって大丈夫なのか心配だったが、普通に食べてしまった。エスカルゴとは名ばかりの、1.5センチぐらいの小さいカタツムリだ。これに楊枝を挿して食べる。なんか貝系の味だった。気になるのは3種類ぐらい殻の模様が違うことと、模様によってちょっと苦さが違うこと。幸い体調不良とかはなかった。

ちなみに今気づいたが、地球の歩き方には「カタツムリ屋台」と紹介されている。そう、間違いなくあれはカタツムリだ。

 

マラケシュ名物タンジーヤ

モロッコ料理としてタジンは有名だけど、タンジーヤはマラケシュの郷土料理らしくここに来るまで存在を知らなかった。フナ広場に面しているTaj’in Darnaというレストランでたのんでみたところめちゃくちゃうまかった。

f:id:puredata0:20161130011240j:plain

肉の種類を選べるのでモロッコっぽく羊肉で食べてみた。よく言われる肉の臭みはまったくなく、肉は柔らかくほろほろに崩れる。スパイスでよく味のついたソースにレモンの切り身が入っていてさわやかさのバランスが絶妙。煮込むのに時間がかかるためか、注文してからかなり長い間待たされた。バスや鉄道、フライトの時間が迫ってるときは頼まないほうがいいかもしれない。(待っても小一時間だが)

折角だからとクスクスを皆でシェアしてみたけどあまりの薄味&パサパサ感に打ちのめされてしまった。