バックパッカーAとBの記録

弱小バックパッカーたちの旅行記

【モロッコめし】私がマラケシュで食べたもの・飲んだもの特集



2012/02/14 - A - Marrakech, Morocco

【2012年2月12日為替レート】1 MAD = 9.20185 JPY

Marrakesh

ミントティとオレンジジュースは最高。特にオレンジジュースは、マラケシュ滞在中にありがたく飲むべし。午前中に飲むべし。そんな記事です。

食べ物についてはおざなりです。モロッコで一番感動した食事が、メルズーガで食べたタジン・ベルベルオムレツなので、あんまりこう、マラケシュ編では、なんていうか、「オススメです!これはマスト!」みたいな記事になってないんです…でもこういう記事って、なに食べようかなって人の参考になるなって…そう思って…

私、写真ヘタなので、みなさんの脳みそで補正をかけて見てください!!!!! あと、基本的に全部おいしいから大丈夫だ!!!!!!!!

 

私がマラケシュ旧市街で食べたもの特集

モロッコ名物「砂糖たっぷりミントティ」

f:id:puredata0:20161126003049j:plain

マラケシュに限らず、モロッコのどこでも飲める「ミントティ」(ベルベルウィスキー)。これがとにかくおいしい。

旧市街の迷路を散策して疲れても、砂糖がたっぷりはいった熱々のミントティを飲めば、気力も体力も回復する。たいていのカフェのメニューにあるし、安い値段でたっぷり飲めるからオススメ。

日本に帰ってきてから何度かミントティに砂糖を入れて飲んでみたけど、モロッコで飲んだあの味にはならないんだよなぁ。これから行く人は、お腹がたぽたぽになるまで飲んできてください。

 

ジャマエルフナ広場「屋台のオレンジジュース」

f:id:puredata0:20161126004937j:plain

ジャマエルフナ広場で午前中に飲むオレンジジュース以上においしいものは、この宇宙にはない。しぼりたて100%で、4ディルハム(40円くらい)。宇宙で一番おいしいものが、たったの40円。どうなってるんだ。この宇宙はちょっとおかしい。

上の画像からも分かる通り、オレンジジュース屋台は広場に何件もある。商品で差別化できないため、売り子の兄ちゃんたちは客引きに必死だ。日本人と分かるや否や、「イナモト!ナカタ!」「ソンナノカンケーネー!」とちょっと古い日本語ネタで話しかけてくる。

30m離れたところから私を指差して「プレイステーション!プレイステーショーーーーーーーーーーーーーーン!!」って叫んできたのには笑った。みんな明るくて、愉快だった。

 

ジャマエルフナ近くの「ケバブサンド」

f:id:puredata0:20161125212022j:plain

ジャマエルフナから100mくらい路地に入ったところにあった、オープンテラス(というか、ストリートに椅子とテーブルを出してる)ケバブ屋のサンド。ケチャップ、マスタード、サワークリームを小さな容器で出してくれるので、それをフレンチフライにつけると飽きずに最後まで美味しく食べられる。

めちゃめちゃ顔の険しいおばちゃんが接客係。おばちゃん、食べてる途中にいきなり近づいてきて、真顔で何か聞いてくるから、とてもビビった。同行者によるとフランス語の「C'est bon?(おいしいか?)」という問いかけだったようで、こちらが親指を立てるとおばちゃんはニッコリ笑って厨房へ戻っていった。

セボンおばちゃん、かわいいよ、セボンおばちゃん。

正確な場所も店名も覚えていないけど、美味いケバブサンドと3種類のソースが出てくる店があったら、私が行ったソレです。顔の険しいおばちゃんはもういないかも。

 

ジャマエルフナ近くの「グリルチキン」

f:id:puredata0:20161126002453j:plain

f:id:puredata0:20161126002446j:plain

ジャマエルフナ近くにある、1階がテイクアウト、地下がイートインのグリルドチキン屋。地元民がテイクアウトしていったり、マラケシュに来たモロッコ人が食べに来ていた印象。写真だとすっごい不味そうだけど、それなりに美味しかったから!それなりに!でも、ホブス(パン)とごはんが一緒に出てくる世界観があんまりよくわからないし、「チキン x ポテト x ホブス」という、口の中の水分がなくなる系の組み合わせ!地獄!

ここも正確な場所・店名が記憶にない。1階で景気良く肉を焼いてる店があったらそれがココです。

 

ジャマエルフナ屋台の「肉タジン」

f:id:puredata0:20161126002653j:plain

いろんなガイドブックで言われているけど、やっぱりジャマエルフナ広場の屋台で食べる夜飯は、雰囲気もあいまって格別です。屋台のおじちゃんにはあんまり英語が通じないし、メニューも何となくでしかわからないから、注文するときは隣で食ってるおっちゃんの皿を指差して「アレくれ」って言ってました。

それで出てきたのが写真のやつ。なんか肉が入ってるタジンのやつ。安くてうまかった。ホブスは要らないから、ビール飲みたいなって思った。屋台だと売ってないのです、残念。

 

”大阪のおばちゃん”のレストラン

f:id:puredata0:20161126002848j:plain

f:id:puredata0:20161126002856j:plain

f:id:puredata0:20161126002905j:plain

Riad House 13で紹介してもらった「大阪のおばちゃん」がやってる予約制レストラン。モロッコにしては値段は張るけど、おいしいフランス料理とモロッカンワインが楽しめる。うさぎの肉や、トマトとフレッシュモッツァレラのサラダなど。おばちゃんの人柄もトークも軽快で、楽しい時間でした。

 

私がマラケシュで買ったおやつ・お酒・タバコ特集

ビスコッティ・チョコラット

f:id:puredata0:20161125212012j:plain

チョコ味のビスケット。CTMバスの待合所にある売店で買った。サクサクしていておいしいし、お腹にたまるので嬉しい。

モロッコのお菓子はベッタベタに甘いものが多くて辟易していたんだけど、これは甘さ控えめで私の好みだった。

 

DANUP YOGURT

f:id:puredata0:20161125234447j:plain

どろどろで甘々な飲み物。ベッタベタに甘い。バニラ味だったと思う。甘すぎてイヤだった。甘いもの苦手。

 

ビールそしてタバコそしてオリーブ

f:id:puredata0:20161126003124j:plain

Riad House 13で飲んだビールとオリーブ、そして近くの売店で買ったタバコ「MARQUISE メンソール」。タバコは日本よりずっと安かった。

モロッカンビールはこの画像に写っている「Speciale Flag(ピルスナー)」「Casablanca Beer(ラガー)」を飲んだ。どちらも味は、可もなく不可もなく。ただのビールであります。

モロッコはイスラム教国ゆえに、酒よりノンアルコールの飲み物のほうが美味いし安い。ビールやワインよりも、ミントティとオレンジジュースを飲みタジンをたらふく食うのが正解。

 

次の記事

aandb.mediumbuddha.com