バックパッカーAとBの記録

弱小バックパッカーたちの旅行記

ムハンマド5世空港のATM事情と、サンタナのSmoothと【モロッコ 2016 - 1】



2016/09/15 - B - Casablanca, Morocco

2016年9月15日の為替レート:1 MAD = 10.53 JPY

f:id:puredata0:20161120123859j:plain

サハラ砂漠に行きたい。ジブラルタル海峡を横断したい。セビーリャのバルで酒とタパスをしこたま楽しみたい。

これらの夢をかなえるため、モロッコを周遊したあとジブラルタル海峡を船で渡りスペインに入る旅をすることにした。Aが旅したモロッコに、俺も行くのだ。

Aから現地情報を聞いたのは言うまでもない。ということで最初の宿はもちろんRiad house13である。

 

▼関連記事

aandb.mediumbuddha.com

 

ジブラルタル海峡と、サンタナのSmooth

夏休みを取得した俺は、仕事を終わらせ逃げるように帰宅し、羽田0:30発のエミレーツ航空・ドバイ行きを使い、ドバイからカサブランカにあるムハンマド5世空港に向かった。

そのカサブランカへの航路も終盤、機内映画の貧弱なラインナップに飽き飽きし、外を見ながらSantanaのSmoothを聴いていたときだった。雲が切れたかと思うと突如、その隙間からジブラルタル海峡が現れたではないか。

これには興奮した。この旅での攻略対象のうちの一つを意図せず空から見てしまったのだ。

記憶は強い感情と結び付けられるらしいが、Smoothを聴くとモロッコ・スペインの旅が強く思い起こされる特異な体質になってしまった。普通に聴くと絶対モロッコなんてワード出てこない曲だ。

www.youtube.com

ムハンマド5世空港のATM事情

ムハンマド5世空港に到着し、入国審査と預け荷物回収を済ませ、ATMを探す。モロッコディルハムMADをおろすためだ。

ムハンマド5世空港の到着ゲート内には、預け荷物受け取りコンベア付近に両替所が二つある。俺は両替所では両替しないというポリシーがあるため、これを尻目に先に進む。

預け荷物を回収し、関税の手荷物検査を済ませた後、到着ゲートを出たところにVISAが使えるATMがあった。3台ほどのATMがあったが、VISAやPlusがついたATMは1台ぐらいしかなかった

ちなみに到着ゲートを出たら預け荷物受け取りコンベアのところまでは戻れないのは保安上わかる。しかしこの空港は、空港施設から駐車場の方向にでるための、到着ゲートに一番近い出口(空港直結の鉄道駅入り口の右手)も出口専用になっており、ライフルやサブマシンガンで武装した警官だか兵士だかが固めている。

空港施設から外に出てしまうとATMなどが見当たらないため、あらかじめ空港施設内で現金MADを手に入れよう。 

 

f:id:puredata0:20161120123819j:plain

▲Riad house13の玄関を出たところで受けた襲撃。撮影をせがんでくる。

 

次の記事 

aandb.mediumbuddha.com