読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーAとBの記録

弱小バックパッカーたちの旅行記

日帰りでマラケシュから快晴のエッサウィラへ、CTMのバスで行く



2012/02/13 - A - Essaouira, Morocco

【2012年2月12日為替レート】1 MAD = 9.20185 JPY

f:id:puredata0:20160729141737j:plain

マラケシュ街歩きの翌日、日帰りでエッサウィラへ!快晴、快晴、気持ち良し!

マラケシュから日帰りで行ける距離だけど、愉快な街なので泊まるのもオススメ。バスは、スープラトゥールに比べてほんのちょっとだけ高いけど、CTMのバスが良いと思う!

 

ようこそエッサウィラ

朝のジャマ・エル・フナは祭りのあと

f:id:puredata0:20161125203206j:plain

マラケシュを歩きまわった翌日は、エッサウィラへ日帰りで行くことにした。

 

朝のジャマ・エル・フナは、とても静かで爽やかだ。どこかへ働きに行くひと、だれかと待ち合わせしているひと、ごみを片付けている清掃員が、口を開かずに交差する。夜はハロウィンの渋谷みたいにガチャガチャしているのに、この時間は2月の肌寒さとあいまってどこかさみしさすら感じる。

まだ店も開いていない・観光客も集まっていない午前9時30分に飲む、屋台の搾りたてのオレンジジュースは、世界のどんな液体より美味しかった。マラケシュに行ったら、ぜひ一度は朝のジャマ・エル・フナを歩いてみてほしい。

 

177km to go

 

マラケシュ→エッサウィラは、距離にして177km。札幌から旭川へ行くようなものだ。または、東京から静岡・伊豆。しかし、日本の曲がりくねった山道と違い、モロッコの道は基本的にどストレート。何もなければ2時間くらいで着いてしまう。

 

f:id:puredata0:20160729141353j:plain

長距離バスは途中でトイレ休憩をはさむが、このバスはぶっ通しで走っていたような気がする…。いろんなバスに乗りすぎて記憶が混濁している。

 

大快晴で、青と白

f:id:puredata0:20160729140322j:plain

CTMのバスは、旧市街から少し離れたところに停まる。小さい町なので、それでも徒歩5分もせず観光エリア(沿岸部)に行けるのがありがたい。

エッサウィラは、空と海の青・建物の白のコントラストが美しい。何から何まで青い北部の街・シェフシャウエンとは違い、自然な港町の無骨さ・かっこよさがあった(シェフシャウエンも最高だったけど!)。

 

マラケシュと比べると商売っ気がない

f:id:puredata0:20161125202652j:plain

マラケシュと比べるとエッサウィラは、商売っ気がない。ぼったくってきたり、イチャモンつけてくるやつらはいなかった。

街に着いたばかりのときに、裏路地でオッサンに「オッ!アジア人やん、どこからや?日本かァ!いいもんやるで」とアケール(モロッカン口紅)もらったんだけど、金銭要求されることなく爽やかにお別れした。ボッタクリくそジジイ OR イチャモン to the カツアゲ野郎だと思ってごめん…。

 

f:id:puredata0:20161125202440j:plain

観光通りのカバン屋の兄ちゃんたちも良いやつだった。ちょうど新しいバックパックがほしかったんだけど、条件に合うものを一緒に探してくれて、倉庫まで在庫見に行ってくれた。仲良くなった英語の喋れる店主は「俺んち泊まれや!アフリカンギター教えてやるよ!」って言ってくれた。あの時言った「Next time!!」って約束はまだ果たせていない。

 

オーストラリア大学卒の靴屋のアニキも、その友だちのやってるレストランも気のいい奴らだった。こう回想してみると、エッサウィラはいい思い出ばっかりだな。まあ、当たらなかっただけで、悪いやつもいっぱいいるんだろうけど。

 

アーティストの街、エッサウィラ 

f:id:puredata0:20160729140649j:plain

エッサウィラは沿岸部なので、マリンスポーツやシーフードも有名だが、アートの街でもある。ボブ・マーリーに愛された街としても知られている。

イカしたキャンバス絵も見られるので、手頃なサイズのものがあれば買ってみるのがオススメ。海外で買った絵は、その街の空気感とか感触とか、記憶以外のいろんなものを持ち帰らせてくれるから大好き。モロッコの商談と言えば値切るのがミソだけど、その絵が一点ものだったり価値があると認められるものなら、ここは気前よく言われた値段を払うのがカッコイイやり方だと思う。

エッサウィラはグナワフェスティバルの会場でもある。現地でライブ音源のコンピレーションCDを2枚買ったけど、コレが何とも楽しそう。5月~6月にモロッコに行く人はぜひ。

 

www.festival-junkie.jp

君よ、モロッコでバスに乗れ

一番ラクなのはバス

CTM bus stop in Agdz, Morocco  (IMG_1407)

モロッコ内の移動は、バスがわかりやすい。基本的に、どこの街からでも主要都市へ移動できる。発着時間もズレることはあまりない。少し高くなってもCTMのバスが快適だ。たまにトラブルはあるけど、最低限のことを気をつけていれば夜行バスでも昼行バスでもそんなに危険を感じることはないはず。

 

NOKIA TUNEは鳴り止まない

ただ、バスにも問題がないわけではない。モロッコ人はみんなNOKIAの携帯を使っていて(2012年時点)、みんなおしゃべり好きなのだ。

夜行バスだろうとなんだろうと、着信音(NOKIA TUNE)が常にどこかの座席で鳴るわ、おばちゃんがデカい声で通話するわで、耳と精神が疲れた記憶がある。バスに乗るのは良いけど、アラブ語とNOKIA着信音はもう二度と聞きたくないな…と憔悴していた。彼らが寝てくれれば静かなんだけど…。

www.youtube.com

参考サイト

モロッコのバスの種類

 

a. スープラトゥールバス(国営)
b. CTMバス(元国営、現在民営)
c. 民営バス

 

●バスのグレードの良い順 a → b → c(中略)

●速度の早い順 a、b → c(中略)

●料金の安い順 c → a → b(中略)

●運行の多い順 c → b → a

 

「モロッコのバスの種類」[2011.10.25] (モロッコ・マラケシュの宿Riad House13・ブログ) 

▲House13のブログは、現地でゲストハウス運営をしている日本人が更新しているだけあって、情報の質や温度感が素晴らしい。ぜひ、元リンクを全部読んでみて!

 

次の記事

aandb.mediumbuddha.com