鉄道でカサブランカからマラケシュへ行く君よ、バスにしなはれ

私は主観で君に言う。外国人のモロッコにおける長距離移動は、バスが一番いい。バスに乗れ。国営の「スープラトゥール」より、CTM社のバスが快適だ。二等席の列車でカサブランカからマラケシュに向かった私は、小便を漏らしそうになった。

2012/02/11 – A – Casablanca ~ Marrakech, Morocco

【2012年2月12日為替レート】1 MAD = 9.20185 JPY

f:id:puredata0:20160717174920p:plain

飛行機でカサブランカのムハンマド5世空港に着いたあと、すぐにマラケシュに移動した。

私は主観で君に言う。外国人のモロッコにおける長距離移動は、バスが一番いい。バスに乗れ。国営の「スープラトゥール」より、CTM社のバスが快適だ。二等席の列車でカサブランカからマラケシュに向かった私は、小便を漏らしそうになった。

 

チャータータクシーで楽しくマラケシュに行った人の記事はこちら↓ 

aandb.mediumbuddha.com

 

“鉄道でカサブランカからマラケシュへ行く君よ、バスにしなはれ” の続きを読む

小汚い道、金持ちの街、超・車社会。【アラブ首長国連邦・ドバイ(その3)】

2013/02/08 – B – Dubai, UAE

2013年2月8日の為替レート:1 AED = 25.49 JPY

ブルジュ・ハリファを目指して歩き出すにあたって、当然まっすぐ一本道で進めるわけではない。ドバイはさすがに新しい街なだけあって、道は計画的に整備されている風であり直線で構成されている。

“小汚い道、金持ちの街、超・車社会。【アラブ首長国連邦・ドバイ(その3)】” の続きを読む

朝イチ・ジュメイラ・モスク【アラブ首長国連邦・ドバイ(その2)】

2013/02/08 – B – Dubai, UAE

2013年2月8日の為替レート:1 AED = 25.49 JPY

ひとしきり今後10時間の身の振り方を思念した後、空港から出るタクシーを拾った。「ジュメイラ・モスク」とカタカナ音で伝える。

“朝イチ・ジュメイラ・モスク【アラブ首長国連邦・ドバイ(その2)】” の続きを読む

思いつきドバイ【アラブ首長国連邦・ドバイ(その1.5)】

2013/02/08 – B – Dubai, UAE

2013年2月8日の為替レート:1 AED = 25.49 JPY

Jumeirah Mosque

現金を手に入れた後、ドバイ中心地への移動方法を考える。

“思いつきドバイ【アラブ首長国連邦・ドバイ(その1.5)】” の続きを読む

旅人レベル1の私を乗せた飛行機は、ドバイを経由してカサブランカへ飛んだ

2012/02/11 – A – Narita ~ Casablanca

Emirates

ある夜、池袋の居酒屋でサハラ砂漠行きを決めた私は、何もわかっていなかった。ちびちびためていた貯金を使う覚悟だけはある。確かにある。それはあるにはあるんだが、勢いだけで航空券チケットを取るには、勇気が足りていなかった。

けっきょく、重要な事は同行者の彼女に任せて、やめようやめようと思っていたタバコをなんとなく吸いつつ「『旅の始まり』なんて言うには、なんだか情けないねえ。」なんて、思っていた。

そして、私は成田空港から飛ぶ。

“旅人レベル1の私を乗せた飛行機は、ドバイを経由してカサブランカへ飛んだ” の続きを読む

ドバイ国際空港到着、入国。【アラブ首長国連邦・ドバイ(その1)】

2013/02/07 – B – Dubai, UAE

2013年2月8日の為替レート:1 AED = 25.49 JPY

f:id:puredata0:20160710120923j:plain

成田発ドバイ経由ローマ行き

201327日成田発。初めての海外旅行に選んだところはイタリアとスペインだった。

イタリアにはローマのフィウミチーノ空港に到着する。だけどローマは初めて踏んだ異国の地ではない。

“ドバイ国際空港到着、入国。【アラブ首長国連邦・ドバイ(その1)】” の続きを読む

There and back again

2012/12/01 – B – Tokyo, Japan

f:id:puredata0:20160623204144j:plain

2012年12月。就職を目前に控えた俺は卒業旅行をどうしようか考えていた。海外旅行なんてお金がかかるし、自分には関係ないと思っていた。

だけど調べてみると思いのほか航空券は安いし、やりようによっていくらでもお金は切り詰められることはわかった。

高校の頃から漠然と夢見ていた旅路が、現実味を帯びてきた。

“There and back again” の続きを読む